投資方法を確認しよう

金貨の投資にかける費用は、資産の10%程度が望ましいと考えられています。しかし、個人として気楽にはじめることができる少額投資などから、まずはスタートしてみるといいですね。銀行や証券会社に口座開設するとすぐにでも取引が可能になる「純金積立」は、最低投資額が1000円程度かた始めることが可能です。

投資また、同じく低価格での投資が可能な「投資信託」もおすすめ商品です。これは、金の投資だけでなく産出国の金鉱株、鉱業株式に投資するタイプです。投資とはいえ、税金がかかるのですが、NISA口座を開設することで、そこから購入可能です。これならば、税金の0円ですので安心ですね。

金相場に連動する形のETFと呼ばれている上場投資信託は、株式などと同じく市場で売買することが可能なのが魅力です。スポット買いができることと、NISA口座があることで投資にかかる税金が非課税になります。

しかし、金投資でも気にしなければいけない点があります。手ごろな価格で入手し易い、記念金貨がありますが、これは投資するには不向きであると考えられていることから投資目的で入手しないように気をつけましょう。

金貨は少額から投資することが可能で、10年後、20年後に大きな額へと変化している可能性が高いので気軽にスタートしてみてはいかがですか?

金投資のメリットとは

金貨金貨はやはり純度99.9%のものが価値が高いです。もちろん、純度にこだわる場合には金貨そのものを一つから購入して、楽しむ方でしたら気にされた方がいいですね。やはり売買する際には、純度が100%に近いものほど価値が出るからです。

そして金を投資目的で購入するのであれば、投資方法にもいくつかの種類がありますので検討してみましょう。金そのものは、通貨の代わりとしての付加価値がついていますので、バブル崩壊時でも金の価格が下落することはありませんでした。また、金相場が変動したとしても財産として保持することができますので、暴落した株のように紙くずになることがありません。これだけでも金の凄さが伝わってきますが、やはり資産に余裕のある方だけが手を出せるのでしょうか?

2000年ころから金価格が上昇しだしてきました。金貨の単位はオンスですが、1オンス1000ドル以下に下落することがまずありえません。これは国の縛りがないことから経済に大きく左右されないのが大きなポイントでしょう。

ただし、金貨の投資をはじめるにあたって気を付けなければいけないことがあります。それは株式のように配当金などが存在しないことと、金そのものを保有するとなれば、窃盗犯に奪われてしまう恐れがあるということです。

金貨で資産活用しよう

金貨を持っていれば、いざお金が必要になった際に換金することができるので財産として金貨や金の延べ棒を保有しているという方もいらっしゃるとおもいます。資産目的の場合には、どのように金貨を手に入れればいいのでしょうか。相場変動もある金の価値や投資について説明したいとおもいます。

金の投資株式投資と同じように、金・銀・プラチナなども財産価値が高いものとして古い時代から捉えられています。金地金販売とも言われており、日本では金融街などに店舗を構えている業者がいくつか存在しています。

どの業者も金の販売や買取サービスを基本的な業務としていて、はじめて金を求めようとしている方に向けた、動画による金取引についての勉強サイトや、金貨などで資産運用する方向けに金貨の有利な買い方などを教えてくれますので、金の投資に興味をもっているのであれば、一度は店舗に足を運び、今話題になっている金取引について学ぶといいでしょう。

ところでなぜ今の時代に金の投資が人気に火を付けたのかご存知でしょうか?それはバブル経済が崩壊したのち、マイナス金利政策に踏み切った銀行により、財産を預けていても、ほぼ0円に近い利息しか付かず、一向に資産が上昇しないことで、相場の安定性がある金・銀・プラチナに手を出す人が増えてきたのです。

こうして、金を保有し投資することで資産活用できるのであれば株式などと比べた場合に安心できる投資法なのだと考えられているのです。